HOME > 情報一覧 > 2014年11月 > プロボノSAGAスタイル -プロボノ白書-

プロボノSAGAスタイル -プロボノ白書-

佐賀県でプロボノの取り組みをスタートさせて3年目、今年度より佐賀未来創造基金|愛称「さがつく」で「プロボノSAGAスタイル」を引き継ぎ、事業指定寄付・助成プログラム事業の「寄付での参加」+プロボノSAGAスタイル事業の「プロボノでの参加」を呼び掛け、県内のCSOを応援する『33プログラム』を行っています。
今年度の取り組みもいよいよ本格的にスタートします。プロボノ活動に興味がある方は、下記より今年度のプロジェクトをご覧ください。

プロボノSAGAスタイルの25年度の取り組みをまとめた「プロボノ白書」は下記よりダウンロードいただきます。

25年度プロボノ白書.pdf

26年度プロボノ白書.pdf

■プロボノって何?
ラテン語のPro Bono Publico(公共善のために)を語源とする言葉です。「何かできることはないかな?」 そんな私の経験・体験を、「私たちの暮らす"まち"の必要なコト・モノ」に活かす活動です。

■プロボノ(ボランティア)活動は
「私たちの暮らす"まち"に必要なコト・モノ(地域の課題)」を知ることができます
その活動に取り組む仲間(CSO)を知ることができます
そこには「私の経験や体験」が活かされる場所があります
「私の経験や体験」はオンリーワンです
プロボノ(ボランティア)活動を通して また一つ私の「経験・体験」が増えます
「週3時間」でもできるプロボノ活動がここにはあります
新たな『ご縁』が生まれることは間違いありません

プロボノ(ボランティア)活動は「私」にとっても「私たちの暮らす"まち"」にとっても実りの多い活動です

2013 プロジェクト 第1期目(チームで仲間とプロボノ)CSO活動の「困った」にお答えする(個人でプロボノ)ホームタウンプロボノ(私のまちでプロボノ)プロボノ(ボランティア)登録はこちらから
プロボノ活動が未経験でも大丈夫!
初めてでも安心!どんな時でも「初めて」には不安と期待はつきものです。だからこそ「今思っているコト」「伝えたいコト」を伝えてお互いの共通理解を深めましょう。そのきっかけづくりとしてオリエンテーションやガイドなどを事務局で準備し、みなさんをサポートします。

■チームで仲間とプロボノに取り組みます! もちろん個人でプロボノも大歓迎です!!
プロボノには、チームで仲間と一緒にわきあいあいと取り組む、2013プロジェクト、ホームタウンプロボノなどの『プロジェクト型/約3ヶ月~半年間、チームで仲間とプロボノ活動、私のまちでプロボノ活動』と、何かしたいけど?時間を合わせるのが難しそうだ...、そんなお仕事もプライベートも忙しい方でも、私の参加できるタイミングで、ちょっとした空き時間に取り組めるCSO活動の「困った」におこたえする『個人でプロボノ活動』などがあります。それ以外にも「何かできることはないかな?」そんな「私の声」を聴かせてください。プロボノ活動によっては現場でできる活動とインターネットを介してパソコンや携帯電話・スマートフォンでできる時間や場所を問わない活動があります。アイディアを持ちよれば『私に』できることが増えていくはず。

※今年度の取り組みはこちらより


皆さまの応援をよろしくお願いいたします!

ボランティアさんに聞いてみよう
ボランティアをしたい方はこちら、官民共同 Plus Social Action Center
かざして募金
サイモンズポイントモール
gooddo 無料で簡単に活動を支援して頂けます!
SAGA・カンパイ・チャリティー・プロジェクト
CSOポータル
寄付のススメ

寄付のススメ

1qトリソミー基金
佐賀県遺贈活用相談センター
佐賀県市民活動団体認証推進協会
認定ファンドレイザー資格制度
寄付白書2013の購入はこちら

アフィリエイトの収益は全て市民活動団体への活動助成へ充てられます。