HOME > 情報一覧 > 2016年8月 > 【熊本地震支援】トロッコ列車全線開通めざし!(南阿蘇鉄道):2016/08/18

【熊本地震支援】トロッコ列車全線開通めざし!(南阿蘇鉄道):2016/08/18

 南阿蘇鉄道高森線(営業キロ:17.7km)は、熊本県阿蘇郡南阿蘇村立野駅から熊本県阿蘇郡高森町高森駅に至る南阿蘇鉄道の鉄道路線です。4月16日未明に発生した熊本地震により深刻な被害にみまわれました。7月31日より一部運転再開(中松駅~高森駅間:7.2km)されましたが、全線復旧には少なくとも1年以上はかかるそうです。まだ復旧されない線路には雑草が生い茂り、線路を覆い隠そうとしています。


 熊本地震の被災者支援と、全国のボランティア活動の支援を目的に設立したボランティア団体「ロハス南阿蘇たすけあい(南阿蘇村河陽4559)」は、地元の観光シンボルを兼ねていた南阿蘇鉄道の一日でも早い復興のために、線路周辺の草刈りを行う参加希望者を募集しています。
 その趣旨に賛同して「佐賀から元気を送ろうキャンペーン 熊本・大分震災支援(略称:さがくま)」では、8月18日に草刈り作業に参加しました。参加したのは、佐賀女子短期大学の学生2名(組脇さん、山口さん)と、引率の泉万里江先生、さがくま事務局(今泉、平田)の5名が参加しました。


 私達がボランティアした翌日に南阿蘇村で震度4の地震が発生し、まだまだ安心して暮らせる状況ではない事を痛感しました。過去の地震の場合でも、時間の経過と共に人々の関心が薄らいでいきます。でも、復興は簡単には進みません。地道に根気強く継続することが大事だと思います。
 草刈りを継続する事が、南阿蘇鉄道の存在を忘れ去られせない事になると思います。一日も早い全線開通が待ち遠しいですね。 南阿蘇鉄道沿線.jpg

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

車両提供 A-PAD:アジア パシフィック アライアンス ジャパン
(ASIA PACIFIC ALLIANCE FOR DISASTER MANAGEMENT JAPAN) コラージュ5.jpg

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

現地に向かう車中でも震災の爪痕を見ることができました。 01往路.jpg

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

仮設住宅の建設の進んでいるようです。 05仮設住宅.jpg

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

集合場所の長陽駅でお出迎えしていただきました。
ロハス南阿蘇たすけあい 代表 松尾 光善さん(画像右上 左側)
NPO法人 阿蘇エコファーマーズセンター 事務局長 吉村 孫徳さん(画像右上 右側)
02集合.jpg 南阿蘇鉄道 長陽駅 長陽駅-P-1.jpg 長陽駅.jpg

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

午前は、阿蘇下田城駅周辺草取りです。阿蘇エコファーマーズセンターの吉村さんと、東海大学の学生2名(石田さん、吉田さん)、さがくまメンバーの8名で作業しました。 04草取りam.jpg 南阿蘇鉄道 阿蘇下田城駅 阿蘇下田城駅.jpg 阿蘇下田城駅1.jpg 阿蘇下田城駅にも震災の痕跡が・・・。 地震影響1.jpg

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

ボランティアの拠点ロハス南阿蘇たすけあい 06ロハス南阿蘇.jpg ここで盆踊りが催されたようです。 06ロハス南阿蘇2.jpg 支援活動が展示されています。 06ロハス南阿蘇3.jpg 昼食までご馳走していただきました。 07昼食.jpg ロハスは、ボランティアの出会い場でもあります。 06ロハス南阿蘇1.jpg 南阿蘇村在住の写真家 長野良市さんが撮った熊本震災「ゼロの阿蘇 ゼロの阿蘇.JPG

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

午後は、加勢駅から阿蘇下田城駅方向へ草取りです。ロハス知り合った方々と合流しての作業です。
なんとここで、佐賀の基山町からボランティアの方々と出会いました。基山町のアルプス工務店の久保山さん達のグループです。支援の輪ってつながっていますよね。 08草取りpm.jpg 線路に大きな陥没がありました。怖いですね。 陥没.JPG 南阿蘇鉄道 加勢駅 復興を願った七夕飾りがありました。 加勢駅.jpg

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

東海大学の学生村では、解体工事が始まっています。更地になっても、記憶には止めたいですね。 10学生村.jpg 阿蘇大橋は、地震の破壊の大きさを感じさせられます。 11阿蘇大橋.jpg この川で、最後まで遺体が見つからなかった学生がみつかりました。 11阿蘇大橋2.jpg 11阿蘇大橋1.jpg 大学の花壇の草取りしました。 11阿蘇大橋3.jpg 大学周辺の、民家被害も悲惨なものです。 12被災住宅.jpg 壊れた自宅から家財を取りに来た住民の方に茗荷をいただきました。 茗荷.JPG

  • さがつくサポーター/寄付者 2,101人
  • 現在までの寄付総額 115,782,312円 / 7,978件 現在までのプロボノ・
    ボランティア参加状況
    10,232時間 / 506名 (2018年02月14日現在)

皆さまの応援をよろしくお願いいたします!

ボランティアさんに聞いてみよう
ボランティアをしたい方はこちら、官民共同 Plus Social Action Center
寄付月間2017
いぞう寄付窓口
佐賀県遺贈活用相談センター
CSOポータル
寄付のススメ