HOME > 情報一覧 > 2017年5月 > 【全5回研修 6/5応募締切】環境NPOの情熱を伝えるWEB・SNS活用プログラム

【全5回研修 6/5応募締切】環境NPOの情熱を伝えるWEB・SNS活用プログラム


佐賀開催「支援者獲得・イベント集客が変わる情報発信プログラム」応援と共感が集まるWEB・SNS活用


平成29年度 スタッフ向け 環境NGO・NPO能力強化研修(佐賀)

応募締切り:2017年6月5日(月)24:00必着


佐賀開催「支援者獲得・イベント集客が変わる情報発信プログラム」応援と共感が集まるWEB・SNS活用


第1回「効果的なWEB・SNS活用(概論)」
日時:6月20日(火)10:30-16:30
会場:TOJIN茶屋 2階 フリースペース
WEB・SNSを活用した広報の戦略立案を理解する。最新ツールの理解を深める(Facebook、WEB広告等)。

第2回「WEB広報の改善と広告活用」
日時:6月21日(水)10:30-16:30
会場:TOJIN茶屋 2階 フリースペース
NPOに役立つGoogleツール、ITツールを活用した集客・認知向上の改善方法を理解、習得する。無料広告Google Ad Grants の活用や安価にスタートできるFacebook広告の活用等を知る。

第3回「広報に活きるコンテンツのつくり方」
日時:8月1日(火)10:30-18:30
会場:TOJIN茶屋 2階 フリースペース
WEB広報に必須の魅力的なコンテンツ作りのスキルを向上する。WEBを活用した「オンライン・コミュニティ」づくりの手法や事例を学ぶ。

第4回「コンテンツ制作実践アドバイス」
日時:9月5日(火)10:30-16:30
会場:TOJIN茶屋 2階 フリースペース
広報戦略づくり、コンテンツ作成について、講師や専門家からアドバイスを実施。

第5回「WEB戦略実践アドバイス(成果報告会)」
日時:10月10日(火)10:30-16:30
会場:TOJIN茶屋 2階 フリースペース
広報戦略、情報発信実施の成果を発表。講師や専門家からのアドバイスを実施。

※原則として「全日程参加」の団体を優先しますが、全日程参加が難しい場合は事務局にご相談ください。


平成29年度 スタッフ向け環境 NGO・NPO能力強化研修
主催:独立行政法人環境再生保全機構 地球環境基金部、運営:特定非営利活動法人NPOサポートセンター
協力:公益財団法人 佐賀未来創造基金

npoentry

プログラム概要

環境保全、持続可能な社会や環境づくりに根ざした地域活動に取り組む NGO・NPO 等のスタッフを対象に、WEB・SNSを活用したイベント集客、支援者獲得、啓発キャンペーン等の「戦略立案と実行支援」のプログラムです。企業やNPOの第一線で活躍する講師陣から、具体的な手法やテクニック、考え方を習得することができます。

人が集まるWEB・SNSの活用方法を習得したい。信頼性が高まり、情報が拡散するPR手法を獲得したい。魅力的なブログ記事を書きたい。私たちはそれを全力で支援します。組織、チームメンバーでの参加も大歓迎です。皆様からのご応募をお待ちしています。

こんな組織、チームに最適なプログラムです

●イベント、セミナー集客を改善したい
●若い世代が集まる情報発信をしたい。
●SNSでキャンペーンを拡散したい。
●ホームページがネット検索の上位に表示されたい。
●紙媒体の広報に限界を感じている。
●広報・PR戦略の見直しに着手したい。
●ホームページやFacebookページを活用できていない。

参加対象者(応募条件)

以下の4条件に該当する非営利団体(NPO法人、任意団体、財団法人、社団法人など)が対象となります。本プログラムの発表資料等の成果物は、原則として、報告書やホームページなどで公表させていただきます。

【1】環境保全に取り組む民間団体での活動従事経験が1年以上、もしくは同等の実績・経験等を有している方。

【2】WEB・SNSを活用した情報発信を実践したい方。

【3】組織の広報実務について課題意識をもっている方。

【4】チーム(2人以上)で参加できるNPO・NGOを優先します。

参加定員数

10名(応募者多数の場合には選考いたします)
※少人数を対象に、団体の課題や希望に寄り添うプログラムです。

参加費

1人当たり:1,000円
※同一団体で2人目からは1名につき500円

その他補助費

先行事例の視察に限り「交通費」を支給します。
※交通費:片道上限1,500円/日

 

IMG_20161026_110631

2.プログラムのスケジュール

プログラムの流れ

1. 応募:自団体の解決したい課題をもとに応募書類を提出。応募多数の場合は、書類選考を行います。

2. 研修:5回の集合研修プログラムに参加。WEB・SNSを活用した情報発信の実践を目指します。

3. 先行事例の視察:効果的にWEB・SNSを活用するNPO、NGOを訪問。事例理解を深めてノウハウ・知見を獲得する。

カリキュラム

集合研修

第1回「効果的なWEB・SNS活用(概論)」
日時:6月20日(火)10:30-16:30
会場:TOJIN茶屋 2階 フリースペース
WEB・SNSを活用した広報の戦略立案を理解する。最新ツールの理解を深める(Facebook、WEB広告等)。

第2回「WEB広報の改善と広告活用」
日時:6月21日(水)10:30-16:30
会場:TOJIN茶屋 2階 フリースペース
NPOに役立つGoogleツール、ITツールを活用した集客・認知向上の改善方法を理解、習得する。無料広告Google Ad Grants の活用や安価にスタートできるFacebook広告の活用等を知る。

第3回「広報に活きるコンテンツのつくり方」
日時:8月1日(火)10:30-18:30
会場:TOJIN茶屋 2階 フリースペース
WEB広報に必須の魅力的なコンテンツ作りのスキルを向上する。WEBを活用した「オンライン・コミュニティ」づくりの手法や事例を学ぶ。

第4回「コンテンツ制作実践アドバイス」
日時:9月5日(火)10:30-16:30
会場:TOJIN茶屋 2階 フリースペース
広報戦略づくり、コンテンツ作成について、講師や専門家からアドバイスを実施。

第5回「WEB戦略実践アドバイス(成果報告会)」
日時:10月10日(火)10:30-16:30
会場:TOJIN茶屋 2階 フリースペース
広報戦略、情報発信実施の成果を発表。講師や専門家からのアドバイスを実施。

※原則として「全日程参加」の団体を優先しますが、全日程参加が難しい場合は事務局にご相談ください。

先行事例の視察

・効果的にWEB・SNSを活用するNPO、NGOを訪問。
・事例理解を深めてノウハウ・知見を獲得する。
・具体的な日時は個別調整。

研修会場

TOJIN茶屋 2階 フリースペース
(佐賀県佐賀市 唐人2-5-12)
・JR「佐賀駅」より徒歩15分
地図: http://www.sagabai.com/main/?cont=kanko&fid=368

3.講師紹介(敬称略)

photo_加藤たけし加藤 たけし(株式会社ループス・コミュニケーションズコンサルタント / NPO法人SVP東京)
ソーシャルメディアのビジネス活用コンサルティングを手がける株式会社ループス・コミュニケーションズ在籍。革新的な事業に対して資金提供と経営支援を行うNPO法人ソーシャルベンチャー・パートナーズ東京(SVP東京)、「働き方と組織の未来」ダイアローグなどの活動に取り
組むとともに、NPO、マーケティング、コミュニティデザイン、新しいワークスタイルに関連する講演や執筆を行っている。准認定ファンドレイザー。

photo_植原正太郎植原 正太郎NPO法人グリーンズ people事業部マネージャー)
慶応義塾大学卒業後、デジタルマーケティングのコンサルティング会社に入社。2014年10月よりグリーンズに参画。グリーンズの寄付会員制度である「greenz people」を担当。ライフワークとして、NPO/NGOのデジタルマーケティング活用のための支援や勉強会を実施している。NPO法人グリーンズは、"共感"を生むグッドアイデアや、"ほしい未来"をつくるためのヒントを発信するウェブマガジン「greenz.jp」を運営している。

photo_石田智裕石田 智裕(snuggle代表 リスティング広告家)
外資系リスティング広告専門代理店、大手旅行サイトのマーケティング部門立ち上げ、上場企業のマーケティング専門子会社で現場責任者として従事した後、独立。一般企業の広告運用代行、コンサルティング、インハウス支援を行うとともに、NPO団体向けウェブ広告セミナー講師を務める。

(※以下、Google for Nonprofits 日本担当の皆様は、ハングアウト(Google のビデオ通話ツール)による遠隔授業)

photo_田中清隆田中 清隆(グーグル合同会社 Google for Nonprofits 日本担当
2008年グーグル株式会社入社。サーチ クオリティ チームでサイト運営者向けの情報発信を担当する傍ら、2014年にGoogle for Nonprofits | 非営利団体向けプログラムを日本でローンチ。プログラムの普及を通して非営利団体のみなさんに、よりパワフルに活動して頂くことを目指し活動中。

photo_玉木尚宏玉木 尚宏 (グーグル合同会社 Google for Nonprofits 日本担当)
2012 年にグーグル株式会社に新卒入社後、Google のオンラインマーケティングツールである AdWords のサポート/セールスとして2年間を過ごし、2014 年から人事部で新卒採用のリードを担当。同時に社会に変革を起こそうとする NPO を支援すべく、Google for Nonprofits の担当も兼任。

4.応募方法

申込みフォームにて、以下の案内に沿ってご応募ください。24時間以内に事務局からメール到着確認のご連絡をいたします。

1.申込みフォームにアクセスください。

https://goo.gl/nVeSmk

2.申込みフォームでは以下の項目をお伺いします。
(1)団体名
(2)広報課題とアプローチしたいターゲット
(3)広報課題の背景
(4)参加者の意気込み
(5)プロジェクト実施体制(参加者名)
(6)連絡先(電話・FAX・E-mail)

応募締め切り

2017年6月5日(月)24:00

※申し込み方法やプログラムの詳細など、ご不明な点については、お気軽にご連絡ください。

NPOサポートセンターについて
NPOサポートセンターは日本最初の民設民営のNPO支援組織として誕生して以来、アドボカシーと人材育成を活動の柱として、NPOによる新しい社会システムの構築を目指して活動を続けています。 http://www.npo-sc.org/

地球環境基金について
「地球環境基金」は、国内外の民間団体(NGO・NPO)が行う環境保全活動への資金の助成や人材育成、情報提供等の支援を行っています。 http://www.erca.go.jp/jfge/index.html

お問い合わせ
平成29年度 スタッフ向け環境 NGO・NPO能力強化研修
事務局:特定非営利活動法人NPOサポートセンター 担当:小堀、笠原
〒104-0061 東京都中央区銀座8-12-11 第2サンビル
TEL:03-3547-3206
E-mail:entry@npo-sc.org




佐賀県を元気にする!ふるさと納税をはじめました!

ふるさと納税750-253ver.01.jpg

ふるさとチョイス.png
ふるさと納税-ゆうちょ.png
※下記の<ふるさと納税専用のゆうちょ銀行払込取扱票お申し込みフォーム>からお取り寄せできます。
<ふるさと納税専用のゆうちょ銀行払込取扱票お申し込みフォーム>
ふるさと納税(佐賀県庁へのご寄付:佐賀未来創造基金への応援)のお申し込みをいただいた皆様には、佐賀未来創造基金からお返しの品を送らせていただきます。お返しの品は、下記の「佐賀未来創造基金からのお返しの品」から、ご希望の品をお選びいただけます。
※ご希望の品名をメモしておいてくださると、払込取扱票がお手元に届いたらすぐにご記入いだだけるので便利です。ふるさと納税専用のゆうちょ銀行払込取扱票の「○備考」にご希望の品(asagaoの30,000円、50,000円の商品はご希望のカラー)をご記入、お振込みください。寄付される金額以下のお返しの品をお選びいただいても結構です。

皆さまの応援をよろしくお願いいたします!

ボランティアさんに聞いてみよう
ボランティアをしたい方はこちら、官民共同 Plus Social Action Center
かざして募金
サイモンズポイントモール
gooddo 無料で簡単に活動を支援して頂けます!
SAGA・カンパイ・チャリティー・プロジェクト
CSOポータル
寄付のススメ

寄付のススメ

1qトリソミー基金
佐賀県遺贈活用相談センター
佐賀県市民活動団体認証推進協会
認定ファンドレイザー資格制度
寄付白書2013の購入はこちら

アフィリエイトの収益は全て市民活動団体への活動助成へ充てられます。