HOME > 情報一覧 > 2017年12月 > 「全国コミュニティ財団協会 九州ブロックフォーラム in 佐賀」開催報告

「全国コミュニティ財団協会 九州ブロックフォーラム in 佐賀」開催報告

★寄付月間公式認定企画★
「全国コミュニティ財団協会周年記念 九州ブロックフォーラムin佐賀」
~九州におけるコミュニティ財団による多様な主体によるシステムチェンジとそのための資金支援~
2017年12月16日(土)13:30~16:00 ロイヤルチェスター佐賀

67名の皆さまにお越しいただき、「出会い」「学び」「共感」などを体感しながら事例と対話を通じて深め合い、大盛況で無事に終えることができました。
たくさんのご参加をいただき、誠にありがとうございました!


■オープニングセッション「全国コミュニティ財団協会とコレクティブインパクト」
全国コミュニティ財団協会 事務局長 石原達也 氏IMG_7274.jpg


■九州各県リレートーク「九州各県からの現状や課題」
続いても、石原事務局長の進行で、熊本から宮原美智子氏、大分から島谷典久氏、福岡から原口唯氏、長崎から山本倫子氏が登壇して、参加者の皆さまと共にフリップトークで九州の現状をシェアしました!
IMG_7298-1.jpg


■基調トークセッション「九州におけるコミュニティ財団による多様な主体参加と資金循環の可能性」
全国コミュニティ財団協会 会長 深尾昌峰氏、日本ファンドレイジング協会 代表理事 鵜尾雅隆氏
急遽、九州を代表して公益財団法人みらいファンド沖縄 代表理事 小阪亘氏と公益財団法人佐賀未来創造基金理事長 山田健一郎も登壇して、「東京&京都VS九州」都市と地方との対決!?クロストークセッションを石原事務局長のファシリテーションのもと、お題に応えながら進めていきました。
IMG_7330-1.jpg


分科会①「熊本地震での災害復興におけるコミュニティ財団の役割と可能性」
モデレーター:全国コミュニティ財団協会 副会長 鈴木祐司 氏
ゲスト:認定NPO法人日本ファンドレイジング協会 代表理事 鵜尾雅隆 氏
登壇者:NPO法人アジアパシフィックアライアンス・ジャパン 事務局長 根木佳織 氏
    認定NPO法人地球市民の会 事務局長 岩永清邦 氏
IMG_7359-2.jpg


分科会②「沖縄と佐賀における子どもの貧困と連鎖にコレクティブインパクトで立ち向かう」
モデレーター:全国コミュニティ財団協会 会長 深尾昌峰 氏
ゲスト:株式会社ファンドレックス 取締役 イノウエヨシオ 氏
登壇者:佐賀県 県民協働課 宮司愛子 氏、公益財団法人みらいファンド沖縄 代表理事小坂亘 氏
    公益財団法人佐賀未来創造基金 理事長 山田健一郎 氏
IMG_7380-3.jpg


分科会③「長崎と佐賀における人口減少が地域に及ぼす影響と今後のコミュニティ持続」
モデレーター:全国コミュニティ財団協会 事務局長 石原達也 氏
ゲスト:内閣府社会的インパクト評価実践研修 評価支援者 取締役 原口唯 氏
登壇者:NPO法人空家・空地活用サポートセンター SAGA 代表理事 塚原功 氏
    コミュニティファンドながさき設立準備会 代表 山本倫子 氏
IMG_7369-2.jpg


■全体会集合写真
IMG_7347.jpg

前回の東京開催に続き、地方では初開催となる今回の全国コミュニティ財団協会九州ブロックフォーラムの特徴は、前回開催の流れを踏襲しつつも、九州各県の地域でのコレクティブインパクトの実践事例を持ち寄り、行政や企業、そしてNPOなどの多様な主体の方々に参加してもらいながら地域社会の課題解決のためのコレクティブインパクトやコミュニティ財団の在り方について学び合いました。
参加者の皆さまをはじめ、九州(佐賀・沖縄)合同事務局の方々、関係者、そしてボランティアの皆さまに支えていただき、無事に開催することができました。
皆さま、本当にありがとうございました!

「九州の地域から日本を、そして世界を変えていけるように皆でがんばりましょう!」

今後ともなにとぞよろしくお願いいたします。


2017年12月16日
公益財団法人佐賀未来創造基金
山田健一郎

  • さがつくサポーター/寄付者 2,101人
  • 現在までの寄付総額 115,782,312円 / 7,978件 現在までのプロボノ・
    ボランティア参加状況
    10,232時間 / 506名 (2018年02月14日現在)

皆さまの応援をよろしくお願いいたします!

ボランティアさんに聞いてみよう
ボランティアをしたい方はこちら、官民共同 Plus Social Action Center
寄付月間2017
いぞう寄付窓口
佐賀県遺贈活用相談センター
CSOポータル
寄付のススメ