HOME > 情報一覧 > 2018年10月 > 全3回「事業評価(ロジックモデル)導入支援連続研修」(第1回 11/9)

全3回「事業評価(ロジックモデル)導入支援連続研修」(第1回 11/9)

社会的インパクト760.jpg

「このCSOはどんな社会的課題を解決しようとしているのだろうか」、「この事業でどんな社会的な成果を想定しているのだろうか」、「そのためにどんな活動を行っていくのだろうか」、「どんな目標を設定し、到達点を確認していくのだろうか」、このような点を地域金融機関の伴走支援と共に見える化し、自分たちの活動を前進させませんか?
休眠預金等活用法施行で、CSOに対する社会からの期待も急速に高まっています。この期待を「信頼」に繋げていくために「社会的インパクト評価」と「成果目標設定」に有用とされている「ロジックモデル」について学び、実践します!

『全3回のステップでじっくり学びます-第1回』

【日 時】

 2018年11月9日(金)13:00 ~ 16:45

【場 所】

 アイスクエアビル5階 セミナールーム

 (佐賀市駅前中央1丁目8番32号

【内 容】

 ◆第1部 講演会 (定員50名 ※一般参加可)

  1.「金融機関から見た事業評価」の意義と期待

     講師:日本政策金融公庫 国民生活事業本部 融資企画部

        SB支援グループリーダー 和田 裕介 氏

  2.「社会を変える」計画とロジックモデル

     講師:公益財団法人 佐賀未来創造基金

        アドバイザー 木村 真樹

 ◆第2部 研修会 (定員20名)

  「ロジックモデルの作成ワークショップ」

   本研修会に参加したCSOのうち最大3団体に対し「ソーシャルビジネス創生ネットワークさが」と地域金融機関とで

   2018年11月から2019年4月まで伴走支援を行います。

【申込方法】

 下記URL「申込フォーム」よりお申し込みください。

【主 催】

 ソーシャルビジネス創生ネットワークさが

【共 催】

 クラウドファンディング活用サポートセンター佐賀(クラウドSaga)

 佐賀市(予定)

【協 力】

 (公財)佐賀未来創造基金〈社会的インパクト評価研究会・休眠預金研究会〉

【問い合わせ先】

 公益財団法人 佐賀未来創造基金

  〒840-0813 佐賀県佐賀市唐人2-5-12 TOJIN茶屋3F

  TEL:0952-26-2228(受付:平日 9:00~18:00)

  FAX:0952-37-7193

  mail:info@saga-mirai.jp

  第1回 事業評価(ロジックモデル)導入支援連続研修チラシ.pdf

—————————————————————————————————————————————————————————————————

『事業評価(ロジックモデル)導入支援連続研修』

 ◎第2回 2019年 2月上旬 13:00~17:30「仮想理事会:ロジックモデル・成果の測定方法の確認」

  仮想の理事会を開き、第1回で作成したロジックモデルや成果の測定方法を確認します。

  ここで出たアドバイス等を参考に更にブラッシュアップしていきます。



 ◎第3回 2019年 4月下旬 13:00~17:30「成果発表会:ロジックモデル・成果の測定方法・成果の評価方法の発表」

  (定員50名 ※一般参加可)

  本研修でソーシャルビジネス創生ネットワークさが及び地域金融機関による伴走支援を通じて

  各CSOが磨きをかけたロジックモデルとその成果の測定・評価方法の発表を行います。

—————————————————————————————————————————————————————————————————

  • さがつくサポーター/寄付者 2,101人
  • 現在までの寄付総額 115,782,312円 / 7,978件 現在までのプロボノ・
    ボランティア参加状況
    10,232時間 / 506名 (2018年02月14日現在)

皆さまの応援をよろしくお願いいたします!

ボランティアさんに聞いてみよう
ボランティアをしたい方はこちら、官民共同 Plus Social Action Center
寄付月間2017
いぞう寄付窓口
佐賀県遺贈活用相談センター
CSOポータル
寄付のススメ